沖縄県歯科医師会とは

「全身の健康は、お口の健康から」を基本スタンスとして、
県民のお口の健康を守ることを使命としております。

基本理念

  • 県民が生涯にわたって、日常生活において歯科疾患の予防に向けた取り組みを行うとともに歯科疾患を早期に発見し、早期に治療を受けることを促進する。
  • 県民が、乳幼児から高齢期まで生涯を通して、各時期の特性に対し、口腔機能の状態並びに歯科疾患に応じた、適切かつ効果的な歯科口腔保健を推進する。

沖縄県歯科医師会歯科医療の進歩・発展に伴い歯科衛生士の需要も広がりましたので、独自で、沖縄歯科衛生士学校を開校させております

その多様性が顕著な今日平成19年より3年生を実施し社会のニーズに対応できるように努めております。
また、心身障がい者の歯科治療には、一般の開業医では、困難なケースも多いため、歯科医師会独自で、全身麻酔下歯科治療施術の対応可能な口腔衛生センター歯科診療所を設立し、平成26年4月より南風原町新川に移転し、口腔保健医療センターとして運営しております。

沖縄県歯科医師会

県民のむし歯の減少は、まず、乳幼児から始めることが大切です
1歳半健診、3歳児健診、就学時健診、小学校、中学校、高等学校での歯科健診と連続した健診によってお口の健康管理は行われています。

今ここで、不足していることは、就学以降の未成年や成人以降のむし歯の健診の必要性です最近は、企業の定期検診が行われるようになっています。
さらに、成人健診の項目にもむし歯と歯周病の検診項目が加えられていますが、その普及率はまだ十分とは言えない状況です。

これからは、全世代の歯科口腔衛生の健康を維持できたらという思いです

ご挨拶

会長ごあいさつ2017年 機が熟す ~新年のご挨拶~

2016年は、4月の熊本大分地震・8月には北海道における台風連続上陸・9月には鳥取地震等多くの自然災害、12月には新潟県糸魚川での大火災など大きな被害に見舞われました。被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

熊本地震においては、本県からも支援チームを送り込み、被災地での口腔衛生管理など、避難所における歯科の役割を十分に生かせることが出来ました参加頂いた岡村英人先生並びに与那覇朝路先生には心より御礼申し上げます。
年末年始と全国的に良い天気に恵まれ、新たな気持ちで臨むことが出来ました。

酉年は「草木の果実が成熟した年」だそうです。また、歴史的にも時代の転換期でもあります。広義の口腔ケアの時代から、専門的口腔ケアと歯と口の健康は、生きる力の源である事が見直され、周知されてきました。これからは、食べる為の口腔機能管理や「健口」である為の口腔衛生・機能管理を担う歯科医療が健康長寿に向けて重要な時代になってきました。

病床においても、早期経口摂取により退院が早くなり実生活への復帰が早期に行えることが、口腔リハビリの中で実証されてきました。脳梗塞などでのリハビリにおいても、歯科との関わりによって経口摂取に取り組むことで、介護から要支援へと生きる力を取り戻せるようになってきました。
今歯科界は、外来のみにとどまらず、多職種と連携をすることで多くの役割を担うことが求められています

診療所においては、通院している患者さんに対して積極的な口腔機能管理・口腔衛生管理を行う事で健康な身体作りをしていく事が大切です。

また、通院できる高齢者への口腔機能管理はオーラルフレイルからフレイルへの予防につながります。これらの事は歯科にしかできない健康長寿の延伸で有り、介護力を極力必要としない高齢者を多くつくることにつながります。
2025年65歳以上が4人に一人となるまで時間は、それほどありません今こそ歯科の存在感を打ち出す2017年になると考えます。

より一層皆様のご理解ご協力をお願い申し上げます

所在地・アクセス

所在地 〒901-1105 沖縄県島尻郡南風原町字新川218-1
TEL 098-996-3561
FAX 098-996-3562

歴史・沿革

沖縄県歯科医師会は、1920年(大正9年)12月4日に当時13人の歯科医師が参集して設立したのが始まりです。そこから戦前・戦中・戦後と様々な困難を乗り越えて、組織作りに邁進して現在に至っております。

昭和36年には、国民皆保険制度が実施されましたが、沖縄県においては、施政権返還・異民族支配からの解放を待たねばなりませんでした。

医療保険の実施は、本土復帰と同時に施工されました。

昭和50年に、浦添市港川に歯科医師会館及び障がい者歯科治療のための口腔衛生センターを開設しました。

平成26年4月より、南風原町新川にて口腔保健医療センターを開設し現在に至っております。 

テレビCMのご紹介