沖縄県歯科医師会とは

「全身の健康は、お口の健康から」を基本スタンスとして、
県民のお口の健康を守ることを使命としております。

基本理念

  • 県民が生涯にわたって、日常生活において歯科疾患の予防に向けた取り組みを行うとともに歯科疾患を早期に発見し、早期に治療を受けることを促進する。
  • 県民が、乳幼児から高齢期まで生涯を通して、各時期の特性に対し、口腔機能の状態並びに歯科疾患に応じた、適切かつ効果的な歯科口腔保健を推進する。

沖縄県歯科医師会歯科医療の進歩・発展に伴い歯科衛生士の需要も広がりましたので、独自で、沖縄歯科衛生士学校を開校させております

その多様性が顕著な今日平成19年より3年生を実施し社会のニーズに対応できるように努めております。
また、心身障がい者の歯科治療には、一般の開業医では、困難なケースも多いため、歯科医師会独自で、全身麻酔下歯科治療施術の対応可能な口腔衛生センター歯科診療所を設立し、平成26年4月より南風原町新川に移転し、口腔保健医療センターとして運営しております。

沖縄県歯科医師会

県民のむし歯の減少は、まず、乳幼児から始めることが大切です
1歳半健診、3歳児健診、就学時健診、小学校、中学校、高等学校での歯科健診と連続した健診によってお口の健康管理は行われています。

今ここで、不足していることは、就学以降の未成年や成人以降のむし歯の健診の必要性です最近は、企業の定期検診が行われるようになっています。
さらに、成人健診の項目にもむし歯と歯周病の検診項目が加えられていますが、その普及率はまだ十分とは言えない状況です。

これからは、全世代の歯科口腔衛生の健康を維持できたらという思いです

ご挨拶

会長ごあいさつ 沖縄県歯科医師会のホームページにアクセスしていただきありがとうございます。 この度、県民の皆様に最新の歯科情報と歯科医師会の活動をわかりやすくお伝えするためにホームページをリニューアル致しました。 このホームページでは各歯科医院の案内、障がい者歯科診療、訪問歯科診療、休日歯科診療 お口の健康に関する情報も満載していますので、これまで以上に ご活用いただけましたら幸いです。 沖縄県歯科医師会は1919年(大正9年)に設立され、戦前、戦中、戦後と幾多の困難を乗り越え、その都度に大きく成長してきました。 現在は会員数448名で構成される一般社団法人として県民の皆様の口腔の維持増進を図り健康寿命の延伸に寄与する目的を持ち活動しています。さて、現在 我が国はこれまで世界が経験したことのない速さで超高齢社会に突入しています。その中で 口腔の健康が全身の健康と密接に綱がっていることが最近の様々な研究で知られるようになりました。たとえば、糖尿病、認知症等の全身の健康と口腔の健康の関係などです。歯科医師会では口腔の健康と全身の健康に関する 会員の研修会を多く開催し会員歯科医の資質向上を図っています。 県内には会員の歯科医院が373件あまり在ります。皆様のお口の悩みや健康に関してサポートしていますので、お近くの歯科医院にご相談ください。このホームページを通して沖縄県歯科医師会と県民の皆様とのつながりが尚一層強くなりますことを祈念いたします。
会長 真境名 勉

所在地・アクセス

所在地 〒901-1105 沖縄県島尻郡南風原町字新川218-1
TEL 098-996-3561
FAX 098-996-3562

歴史・沿革

沖縄県歯科医師会は、1920年(大正9年)12月4日に当時13人の歯科医師が参集して設立したのが始まりです。そこから戦前・戦中・戦後と様々な困難を乗り越えて、組織作りに邁進して現在に至っております。

昭和36年には、国民皆保険制度が実施されましたが、沖縄県においては、施政権返還・異民族支配からの解放を待たねばなりませんでした。

医療保険の実施は、本土復帰と同時に施工されました。

昭和50年に、浦添市港川に歯科医師会館及び障がい者歯科治療のための口腔衛生センターを開設しました。

平成26年4月より、南風原町新川にて口腔保健医療センターを開設し現在に至っております。 

テレビCMのご紹介